忍者ブログ

ミッキーのマンション管理よもやま話

湾岸地域の500を超えるマンションの管理組合理事長です。16年間理事長をしているあいだに得たノウハウを公開していきます。RJC48 メンバーです。

2018.08.01_花火

地元の花火大会は7月の終わりから8月にかけての水曜日に行われる。マンションから歩いてすぐのところが会場なので、当日周りは見物に訪れる客でごったがえす。反対方向にはまともに歩けない状況だ。もちろん、マンションの住民も多く見にいくので、迷惑を被るだけではなく、楽しみでもあるが。

その花火大会に、娘と一緒に出かけようということになった。妻も誘ったのだが、「人混み多すぎるし、暑いから無理」とのことで、仕方ない。

仕事早めにアップして、駅へ。待ち合わせの時間前に娘が現れたので、一緒に帰る。地元駅では予想通り人出が多く、駅の売店での買い物に長蛇の列。こういうことになるだろうと思って、ターミナル駅で飲み物とアテを買ってきて正解だったな。打ち上げ場所近くに確保しておいた席へ。人が多い。また、若い女性の浴衣姿率高くて、目の保養になる。

入り口で泡の出る麦茶をもらって、水辺に近い奥の方へ。自由席なので、適当なところで席に座って、早速喉を潤す。歩いて汗かいているの塩分補強もしなくちゃということで、鰺の醤油焼き。「これ美味しい」と娘も言っていたので、相当塩分不足となっていたんだなあ。

最初に座った席は、花火の写真を撮ろうとしたら照明が入ってしまう。前の方に移動。花火そのものは、なかなか良くて、娘も「前に比べると、進歩したね」と言っていたくらい。途中で芝居仕立てのものがあって、その中でハートや梨色の花火を使っていた。スクリプトを考えた人は苦労したんだろうが、花火師も大変だっただろう。

1時間で終了。帰りはどのくらい時間かかるのかわからなかったが、裏道から意外と早く帰れた。人通りも少ないから、来年もこの道だな。

マンションに帰り着くころには、知り合いが次々と帰って来ていて、挨拶。やはり、みんな見に行っているんだねえ。マンションの高層部の共用廊下で見ていた人も多かったようだ。見物行くと疲れるが、近所で花火大会を行ってくれるのはありがたい。




にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
PR

コメント

プロフィール

HN:
ミッキー・エヌ
性別:
非公開

ブログ内検索

最新コメント

[07/27 Sei]
[12/28 はるぶー]
[12/23 裏方理事長11回目]
[12/17 裏方理事長11回目]
[12/12 裏方理事長11回目]

PR

P R